トップ / 帽子を被って若ハゲになる

おしゃれが若ハゲの原因

帽子を被って若ハゲになる

帽子は防ぐことも助長することも

帽子を被ってオシャレをする人が多いですが、その一方で帽子を被ると若ハゲの原因になると言われることもあります。しかし、帽子を愛用している人の中には、中高年になってからも髪がフサフサ生えている人も多いです。実は帽子の被り方によって、若ハゲになりやすくなる場合と、逆に若ハゲを防止できる場合があります。

まず帽子が若ハゲの原因になるケースとしては、締め付けのきつい帽子を被っている場合が挙げられます。締め付けがきついと血行が悪くなり、頭皮に十分な栄養が行き渡らなくなってしまうのです。その結果若ハゲに繋がっていきます。締め付けがきついと、着脱の際に髪を擦りやすくなり抜け毛の原因となってしまいます。帽子を買うときには、あまりきつすぎないサイズのものを選ぶと、若ハゲを防ぐことができます。

他には、頭皮が帽子の中で蒸れてしまうことで、若ハゲの原因になるケースも見受けられます。夏場の暑いときに長時間帽子を被っていると、蒸れやすく、皮脂と混ざり合うことで雑菌が繁殖しやすくなります。そのため、夏場はなるべく通気性の良い素材の帽子を被るといいでしょう。

このようなことに気をつけて帽子を愛用すれば、オシャレに役立つだけでなく、若ハゲの防止にも繋がります。屋外では紫外線が降り注いでいますが、短髪の男性の場合は頭皮に紫外線を浴びやすいです。帽子を被ることで、紫外線のダメージから髪や頭皮を守ることができます。

特に夏場は紫外線が強いため、帽子がかなり役に立ちます。冬場においては頭皮を寒さから守る役割を果たしてくれます。頭皮が冷やされると乾燥して血行も悪くなってしまうためです。帽子は選び方や被り方が悪いと若ハゲの原因になってしまいますが、正しく被れば若ハゲを防ぐのに役立つ道具なのです。

Copyright © プレーやワックスが毛穴に詰まると. All rights reserved.