トップ / ヘアカラーやパーマで頭皮が痛む

おしゃれが若ハゲの原因

ヘアカラーやパーマで頭皮が痛む

頭皮が炎症を起こし若ハゲの原因に

大学生など若い世代の人の多くがヘアカラーを使用して染髪をしています。少し茶色にしている人もいれば、かなり明るい茶髪にしている人やブリーチをして金髪にしている人も見られますが、ヘアカラーが若ハゲの原因になっていると指摘されることも多いです。

ヘアカラーを使用すると、頭皮が少しヒリヒリするという経験をしたことのある人もいるでしょう。体感的に痛みを感じるということは炎症を起こしているという証拠です。頭皮がダメージを受けたり炎症を起こしたりしていると、抜け毛も増えてきて若ハゲに繋がっていきます。

特にブリーチは髪のメラニン色素を抜き取る作用があり、頭皮へ与えるダメージも特に大きいとされています。ブリーチをしたことのある人の中には、抜け毛やフケが多くなったことを実感した人も多いでしょう。特に金髪にしている人の場合には、ブリーチをやってから、ほとんど期間をあけずにカラーリングも行う人が多いため、頭皮へのダメージは計り知れません。

また、ヘアカラーほどではありませんが、パーマも頭皮へ多かれ少なかれ影響を及ぼします。体質によっては、若ハゲの原因になってしまうこともあるでしょう。

ヘアカラーやパーマをしないことが頭皮へダメージを与えないもっとも有効な手段ですが、やはり若いうちはオシャレをしたいものです。頭皮へのダメージをできるだけ抑えるには、使用する間隔を少なくとも2か月から3か月くらいあけることが望ましいでしょう。ヘアカラーの説明書にも使用する間隔をなるべくあけるように記載されていることが多いです。使用する間隔を十分にあけるだけでも、頭皮へのダメージはだいぶ軽減されます。明るい髪色にしたい場合は、短期間で染め直したくなりますが、絶対に避けるようにしましょう。

Copyright © プレーやワックスが毛穴に詰まると. All rights reserved.