トップ

おしゃれが若ハゲの原因

プレーやワックスが毛穴に詰まると

整髪料が若ハゲを引き起こす

頭髪が薄くなってしまうことで悩みを抱えている人はかなりたくさんいます。中高年の男性のほとんどが薄毛を気にしていることでしょう。さらに、中高年の男性だけでなく、年齢が若くても頭髪が薄くなることで悩んでいる人もいます。若ハゲの原因が知りたいならこちら。

若い人の場合、中高年の人よりもオシャレにこだわることが多いです。そのため、ワックスやスプレーなどの整髪料を使用する機会が多くなります。デートをするときや合コンに行くときにはバッチリと髪型を整えてから行きたいものです。しかし、この整髪料が若ハゲの主な原因だとされています。

ワックスには合成界面活性剤が含まれています。これが髪に対して悪影響を及ぼします。合成界面活性剤が髪に含まれるタンパク質にダメージを与え、髪を細くしてしまったり、抜け毛を引き起こしてしまったりします。毛先だけに付ける場合には、それほど大きな影響はありませんが、髪の根元に付けると頭皮へも影響を与えてしまいます。整髪料が毛穴に詰まってしまうこともあります。頭皮がストレスを受けるため、体質によっては皮脂が過剰分泌されて毛穴が詰まることもあり、若ハゲの原因になってしまいます。

さらに、ワックスやムースなどの整髪料をつけた日に、洗髪せずにそのまま就寝してしまうと髪や頭皮へのダメージはさらに大きくなります。整髪料はなるべく毛先だけに付けるようにし、つけた日は必ず洗髪して洗い落としてから寝るようにしましょう。

また、整髪料をつけすぎることで、それを洗い落とすため洗髪も過度になりがちです。過度な洗髪をすると不要な皮脂だけでなく、必要な皮脂も洗い落とされてしまい、それが原因で若ハゲに繋がってしまうケースも見られます。

Copyright © プレーやワックスが毛穴に詰まると. All rights reserved.